通信制大学について

通信制大学についてご存知でしょうか?通信制大学というのは、働きつつも勉強をしたいといった方へのニーズにこたえるため、創立された教育です。
高校を卒業して社会人となった人が、通信制大学でキャリアアップをしたり、物事は一生勉強だと思って勉強している方もいます。
さらに、通信制大学の歴史は意外と古く戦後まもなく1947年には学校教育法で定められました。キャンパスを持つ大学が通信部を設けるのが先行していましたが、今では通信専門の大学も存在しています。

大学だけでなく、大学院で通信制を採用しているところも存在します。
学習スタイルは教科書とスクーリングを中心にしており、スクーリングとは一定回数、あるいは一定の期間大学に通い、授業を受ける面接授業のことです。
最近ではインターネットや衛星放送を使うことで、わかりやすい双方向的な授業を展開する大学が出てきました。

通学の時間は最小限に抑えられ、自分のペースで勉強できるなどの理由で学生数は増加しており、今では常時20万人以上が通信制大学で学んでいます。
さらに、通信制大学も文部科学省に認可された大学なので、卒業すれば「学士号」の授与もされます。

また、通信制大学は一般の大学に比べて入りやすい大学と言われています。必要な書類としては高校在学生は卒業見込み証明書の提出、既に高校卒業をしている人は高校卒業証明書を提出すれば入学できます。

受験する通信制大学にもよりますが、基本的には入試は考えなくても大丈夫なようです。入学すれば一般の大学と同じように単位を取っていけば卒業できますので、通信制は大学卒業の資格を得やすい選択肢であると言えます。

しかし通信制とは言っても授業のカリキュラムは普通の大学とほぼ同じようなものなので、簡単に単位は取れません。それに教授と対面しながら授業を行う一般大学とは違い、直接授業を受けることがないので質問をする事ができないですし、同級生もいません。

自宅で一人学習する上で周囲に誰もいない事でモチベーションが低下し、いつしか辞めてしまうという事が結構あるのです。

入るのが簡単だけど卒業が大変なのが通信制大学の特色です。絶対に卒業するのだと言う心意気で臨まないと挫折してしまいます。

<PR>
童話
女性の人生
ショッピングカート
工務店向け集客ノウハウ
生命保険の口コミ.COM

<PR2>
公務員と専門学校
専門学校の選び方など、お役立ち情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です